スライド部は置き駒ってどういうこと?

試作金型では基本工期短縮・コスト削減で抜き勾配は無しアンダーカット部分は
スライド構造を用いずにアンダー部の形状を彫り込んだ部品をCAVやCORに
固定し成型成形品と同時に取り出し成形後に商品からスライドさせて
アンダー部品を抜き取る工法を置き駒と言います。
これにより可動範囲の大きい内スライドや外スライドなど量産金型では離型が成立しない部分も一旦は形状を作る事で強度試験等で必要性を検討する事が出来ます。

こちらもご確認ください!